いろいろなガチャガチャ・フィギュア紹介しています。
《09月予約》




製品仕様
完成品
【セット内容一覧】
クハ31611
モハ32611
モハ33611
サハ34611
モハ35611(M)
クハ34411

解説
東武30000系は、営団半蔵門線(現東京メトロ半蔵門線)と東急田園都市線との相互直通運転対応車両として誕生しました。
2003年の相互直通運転開始とともに本来の役割を演じてきましたが、2006年に50050型が登場し相互直通運用に入ると、順次地上線(伊勢崎線・日光線)での運用にまわり、2011年からは東上線への転属が進められました。
2012年3月に東京スカイツリーが開業し、同時に東武グループの新しいロゴマークが制定され、車体側面の戸袋部分に表示されています。

【特徴】
■東上線で活躍する30000系の2018年現在の姿を再現します。
■基本編成セットと増結用セット(別売)を併結して、実物同様10両編成が楽しめます。
■前面方向幕(3色LED仕様)は印刷済み。(種別・行先は付属のステッカーから選択して変更可)
■車両番号、ロゴマークは印刷済み
■側面方向幕、優先席、弱冷房車(2号車)、車椅子マーク、ベビーカーマークは付属ステッカーから選択
■列車無線アンテナ・ヒューズボックスはユーザー取付け、避雷器・ラジオアンテナは一体彫刻表現
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載
■台車は既存部品流用のため近似形状
■付属ステッカーは新規製作

参考価格 29,484円(税込)
販売価格 30%OFF 20,630円(税込)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する